学生時代には是非船旅を!新潟から北海道(小樽)までフェリーで行った体験談

実際に乗ったフェリー『らいらっく』

学生時代のうちにやって良かったことを聞かれたら、最初に浮かぶのが『船旅』です。新潟→北海道(小樽)までフェリーで行きました。所要時間は18時間。社会人になったら、なかなかフェリーでゆっくり旅は出来ないのでおすすめです。


( 目次 )

  • 運賃
  • 部屋
  • フェリーの中での過ごし方
  • 食事
  • 一番印象に残ってること
  • 小樽についた後の話
  • まとめ

運賃

新日本海フェリー 新潟~小樽 こちらのフェリーに乗りました。一番安い部屋に学割使って5000円ぐらい。(学割20%OFF)学割が使える所も、学生にオススメしたい所。

 

部屋

一番安い部屋(ツーリストJ)にしました。床に10人ぐらいで雑魚寝です。床と言っても固くなくて、眠るのにまったく問題ありませんでした。写真で見ると「これで眠れるの~?」って感じですが、私は船で寝るという状態が心地よかったです。女性専用室だったのも良かったです。

問題があったと言えば、他の人のいびきぐらい。友人と「気になって眠れないかも」なんて心配したのもいい思い出です。(結局爆睡)同室の人と、「北海道行って◯◯するんですよ」というおしゃべりも楽しかったです。物の貸し借りもしました。

 

フェリーの中での過ごし方

大きいフェリーなので、中をうろうろするだけでも楽しいです。ちょっとしたホテルみたいだけど、海の上という非日常感は刺激的。

ふね

18時間何をしてたかは、だいたいこんな感じ。お風呂書き忘れました!大浴場があって、お風呂の窓から日本海が見渡せました。絶景!結構のんびり入ってました。

他の説明すると、『デッキ』は船のデッキに出て海を眺めてぼんやりしてました。360°海というのは、結構不安な気持ちになります。『部屋』は部屋で過ごした時間。複数人部屋なので、あまり部屋にはいませんでした。『食事』はレストランやカフェで。ラーメンを食べました。『ゲーム』はエアホッケーゲームがあったのでやりました。

エアホッケーゲーム

出典:http://usland-obihiro.sblo.jp/article/48257211.html

『うろうろ』は船の中をうろうろした時間ですね。途中、椅子に座って小窓から海を眺めたりしました。

 

食事

レストランとカフェがありました。私は乗船前に予約せず、その時何食べたいかな~と考えて注文しました。ご飯時は混んでました。事前予約制の食事はちょっとリッチな感じです。あと売店でおやつ等も買えるので、食事で困ることは無いかと。

 

一番印象に残ってること

やっぱり海ですね。360°海しか無い。この経験はすごく刺激的で、ちょっぴり怖かったです。デッキでぼーっと海を眺めることがとても心地よく、いつまでも見ていられそうでした。行ったのが夏だからというのもあったでしょう。冬だったら部屋に引きこもってたと思います。

 

小樽についた後の話

小樽フェリーターミナルのレストランで朝食を食べました。 すっごく美味しかったです。今まで食べた朝食で、1位か2位ぐらいの美味しさ!普通の朝食なのに、なんでだろう・・・?旅の達成感?北海道の食材の美味しさ?理由はわかりませんが、美味しかったなぁ~。

その後は小樽観光をして、札幌へ行きました。フェリーの到着場所が小樽なので観光にはすごく便利です。ただ着くのが朝早い。お店が開店するまで、小樽をうろうろ散歩してました。
近くに24時間営業の温泉もあるよ!小樽温泉オスパ 公式サイト

 

まとめ

どこか遠くへ行きたいな~・・・。それがきっかけで行った北海道旅。結果として、フェリーに乗ったことで遠くに行く実感を得られました。帰りは飛行機で2時間ぐらいでしたからね。寝てる間に着いちゃった。

のんびり旅行が好きな人にはピッタリの交通手段です。正直、北海道でしたことよりフェリーで過ごした時間のほうが強く印象に残ってます。北海道は遠いけど、それが逆にいい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク